FC2ブログ

京都大学歴史研究会ブログ

京都大学歴史研究会のブログです。主に活動報告を行っていきます。

学生自治について

最近京大について話題になっている事の一つに吉田寮の改築があります。
なんかの新聞に載ったらしいのですが、吉田寮の食堂は京大で一番古い建物だそうです。
明治に建てられた建物だとか。
その建物の改築を含む吉田寮の改築案が永いこと"出ては保留"が続いてきました。
細かな事情はいろいろ省きますが、この建物の改築に出る予定の予算が問題です。
早いことなんらかの形で着工しないと、工事が予算が出ている期間に終わらないため予算が立ち消えてしまうのです。
立ち消えるというのは優しい言い方で、国に返さなくちゃいけないんですね。
その額たしか25億円です。
このご時世にこれだけのお金を国に返す事態になったら、予算なんて二度とつかないですよ。(たぶん)

この交渉に関して納得いかない点を4点あげましょう。
・交渉の終了時刻が3時半というのはどういうことか。(ちなみに合計時間は8時間半)
・団体交渉する目的は明確か。そして、団体交渉を認めさせる基盤は何か。
・寮生側の最終的な目的は何なのか。
・そもそもこの事態になるまで放置していたのは学生側ではないのか。

1つめ
この説明会のそもそもの発端は松本学長が団交を受けつけなかったことらしいです。
ただこんなに団交が長引くなら誰も応じなくなるのは当然だと思います。
何よりも困るのが一度誰かがこういったことをすると、他の団体が団交をしなくてはいけないと感じた時にできなくなる恐れがあります。
ついでにこれをやっているのは平日です。
確かに大学の先生方は自由人に見えますが、普通の先生は平日に授業や会議など仕事があります。
そんな先生方の時間をここまで浪費する必要があるのかおおいに疑問です。

2つめ
団体交渉と普通の交渉では武器が違います。
そもそも団体交渉をするには背景が必要です。
企業で団体交渉ができる理由はストライキという武器があるからです。
ストライキは諸刃の剣ですが、企業に対して確実にダメージがあります。
もし企業側が代表者を辞めさせたりしたら、残った人たちはボイコットを行い、企業が立ちいかなくなるようにできます。
もちろんそのダメージは従業員側にも響きます。
長く続けることに双方メリットがないので、ちょうど良い落とし場所に落ち着くわけです。
学生が大学に団交をするならば、参加者全員による武力行使や集団退学を武器にすべきでしょう。
ただ「みんなで交渉に参加します」では、「全体に情報が行き渡らない」や「感情に流されやすくなる」などデメリットが目立ちます。
相手の態度硬化を招くだけの団交には何の意味があるのでしょうか。

3つめ
いまいち寮生側の最終目標が分かりません。
あと、寮生側は何年間のスパンで物事を考えているのかもよくわかりません。
世界に永遠に続くものなどありません。
普通に考えて大学と同等の年数を経た建物の老朽化もわかっていた問題であると思います。
それを補修工事しかしないのは、構わないといえば構わないのですが、いつもでもたせる気があるのか分かりません。
今後100年間も同様にもつと思っているのでしょうか。(私はさすがに無理じゃないかと思いますが)
建物の雰囲気は大事です。
私たちもサークルのBOXは大事にしていますしね。
自治もそれなりに大事です。(私もそういった団体である西団連の代表ですしね)
ですが大学側は自治に関しては干渉しないとしています。
建物を改築した程度で揺らぐような自治ならあってもなくても変わらないと素直に思います。
また、改築による収容人数の大幅増員はかなり自治をする上で魅力的だと思います。
それとも寮費が問題なのでしょうか。
今は寮費が2000円弱だと聞いていますが、それが5000円くらいになるそうです。
ちなみに寮生側はタダにしろと話しているようです。
そうじゃないと経済的に困窮している学生が通えないとか。
経済的に困窮している学生をフォローするのは教育として大事だと思いますが、この額がクリティカルに効く学生はさすがに大学に通っている場合じゃないと思います。
正直1万円切っているだけでも相当に安いと思いませんか。
いろいろ主張することはいいですが、何を一番大事にするかを考えてほしいです。
個人的には10年後くらいの後輩たちにとって大事なことを探してほしいですね。

4つめ
そもそも自治だというならこの話が大学側からきていることがおかしいです。
こういった問題があるからこういう計画を立てたので大学側になんとか予算をつけてほしい、というのが自治の筋です。
さらにいうならそこまで自治を大事に思うのであれば、寮生で寄付や積立金を集めてこの立て直しには国からの予算なんていらない、といえばいいのです。
もちろん寮自体は大学の施設なので大学側の主張もあるでしょうが、予算を握っているならある程度主張を通せるでしょう。
お金自体は大学に一度寄付の形にして予算をつけてもらえばいいのです。
自治は基本的に勝ち取るものです。
しかし、京大の学生自治は学校の温情です。
その自治を与えられる根拠を示せないのであれば、いつ奪われてもしょうがないでしょう。
今ある自治の根拠は「先生方や職員がもともとは学生で大学の雰囲気を大事にしようという気持ちを持ってくれていること」と、「学生運動の時にその時の学生が辞めさせられることや武力行使を厭わず戦ったこと」でしょう。
そういう意味では今の全学連も戦っているので偉いと思います。(私は大嫌いですが。)

自治とは甘えることではありません。
自分たちの主張が受け入れられるための根拠を示せないのであればただのワガママです。
できる限りの誠意と理解を持って交渉に望んでほしいものです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurekiken.blog.fc2.com/tb.php/75-55efde6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

今までの閲覧者数

いつの間にか10000件突破です。今後もよろしくお願いします。

プロフィール

京都大学歴史研究会

京都大学歴史研究会

京都大学の歴史サークルです。毎週金曜18時30分から課外活動棟D204の部室で例会を行っています。例会では各会員の研究発表や本の輪読を行い、例会後には食事やゲームなどをして自由に過ごしています。たまに史跡や博物館にも行きます。日本史、世界史を問わず歴史が好きな人はもちろん、ゲームが好きな人、部室でダラダラしたい人など、どんな人でも大歓迎です。歴研の活動に興味のある方、参加したい方は、ぜひ一度課外活動棟D204の部室までお越しください。

最新記事

カテゴリ

活動報告(例会) (131)
活動報告(その他) (12)
新歓情報 (12)
11月祭関連 (12)
飲食店紹介 (4)
雑記 by AA (41)
読んだ本 by AA (12)
ゲーム by A.I (7)
就活アドバイス by AA (7)
雑記 by NF (5)
雑記 by TY (1)
雑記 by YN (1)
雑記 by take (15)
雑記 by little (4)
雑記 by 川西まどか (1)
雑記 by 希 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


paperskytreeの本棚