FC2ブログ

京都大学歴史研究会ブログ

京都大学歴史研究会のブログです。主に活動報告を行っていきます。

『隅の老人』

歴研メンバーに紹介されたので読んでみたミステリーです。
作者はバロネス・オルツィ、コナン・ドイルの商業的成功の後に他紙がこぞって載せ始めたミステリーの一つらしいです。

ミステリーはおおむね

前談(語り手が事件に関わる経緯など)

事件発生

捜査

語り手や警察の失敗

(探偵などの)推理

後日談

の手順で進んで行きます。
順番が前後したり、解決の前に事件が繰り返したりすることはありますが大筋は外れないのではないでしょうか。

隅の老人のストーリーはこれを非常にシンプルな形としています。
基本的な流れは、身元もしれない老人が喫茶店ABCショップの隅の席で、女性記者相手に世間で話題となっている迷宮入り(しかけ?の)事件の推理を聞かせて立ち去る、というものです。
事件に関わるのは面白そうだからで誰に依頼されたからでなく、推理を語るけど事件が解決するわけでもない、事件の起承転も全て検事審問で語られていることで特別な捜査もない、と実に一般の人がゴシップを楽しむのと差がない取り組みかたです。
事件の真相が老人の語った通りである証拠もないし、事件の後日談もないため事後経過も不明です。
女性記者ポリーも読者もただひたすら老人の語りを聞くだけですが、なるほどと思ってそれ以上のコメントができません。
映像作品にしたらさぞかし老人のドヤ顔が鬱陶しいのではないかと思います。

刊行作品はあまり訳されていないようですが、一読の価値ありです。
一話あたりのページも短く、訳者も悪くないので、本が苦手な人でも気楽に読めるのではないかと思いますよ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurekiken.blog.fc2.com/tb.php/112-2d769749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

今までの閲覧者数

いつの間にか10000件突破です。今後もよろしくお願いします。

プロフィール

京都大学歴史研究会

京都大学歴史研究会

京都大学の歴史サークルです。毎週金曜18時30分から課外活動棟D204の部室で例会を行っています。例会では各会員の研究発表や本の輪読を行い、例会後には食事やゲームなどをして自由に過ごしています。たまに史跡や博物館にも行きます。日本史、世界史を問わず歴史が好きな人はもちろん、ゲームが好きな人、部室でダラダラしたい人など、どんな人でも大歓迎です。歴研の活動に興味のある方、参加したい方は、ぜひ一度課外活動棟D204の部室までお越しください。

最新記事

カテゴリ

活動報告(例会) (131)
活動報告(その他) (12)
新歓情報 (12)
11月祭関連 (12)
飲食店紹介 (4)
雑記 by AA (41)
読んだ本 by AA (12)
ゲーム by A.I (7)
就活アドバイス by AA (7)
雑記 by NF (5)
雑記 by TY (1)
雑記 by YN (1)
雑記 by take (15)
雑記 by little (4)
雑記 by 川西まどか (1)
雑記 by 希 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


paperskytreeの本棚