京都大学 歴史研究会 ブログ

京都大学歴史研究会のブログです。 毎週の活動報告なんかをしていきたいと思っています。

7月17日の活動報告 『ヨーロッパ史における戦争』

こんにちは。あっという間に7月も下旬、大学は期末試験の季節です。
試験対策の進捗はいかがでしょうか。私は進捗ダメです。
では7月17日の活動報告です。

今回は輪読『ヨーロッパ史における戦争』の続きでした。範囲は3章~4章半ば。
大航海時代以後商人の活動規模が拡大し、通商を巡る争いが激化していたのが印象的でした。特にオランダ。オランダとスペインが戦争しているさなかに、オランダはスペイン陸軍からの攻撃を防ぐ軍隊に払う金を、スペインが自国の通商を護衛するために欲しがっていた海軍用品を売りつけることによって稼ぎ出すというわけのわからない事をしていました。
重商主義や絶対王政が出てくる中で、軍事力の基盤は傭兵から軍隊へ移っていきますが、結局兵士たちを金で動かしてるようなものなので、その点ではあまり前の時代と変わらない…… 公式な免許を与えられた私掠船っていろいろ矛盾していませんかね…… やってることが海賊とほぼ一緒。

今回で2015年前期の例会はすべて終了です。次回の例会は10月2日の予定です。
夏期休暇中は例会はありません。もしかしたら金曜日になれば部室に誰かいるかもしれませんが……
以上です。それではー。
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

7月10日の活動報告 『ヨーロッパ史における戦争』

こんにちは。今年もうだるような暑さがやってまいりました。勘弁してほしいです。
では7月10日の活動報告です。

今回は『ヨーロッパ史における戦争』輪読の続きでした。範囲は2章~3章半ば。
ずいぶん久しぶりにこの本を読みましたが、やはり傭兵たちがヒドすぎて面白いです。
どいつもこいつも本当に金のことしか頭にないのがなんとも。しかも戦争が終わると食いぶちがなくなるから、決定的な会戦は避けられてしまい、戦争が長期化するという…… 結果雇い主が破産とかいう笑えない事態に。そのことを「時は金なり」みたいに言ってましたけどなんだかなー……

次回何をするかは未定です。
以上です。それではー。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

7月3日の活動報告「大国政治の悲劇」「欧州の世界史、極東の日本史」

こんにちは。7月3日の活動報告です♪

今回は「J.ミアシャイマー『大国政治の悲劇』を読む」と「欧州の世界史、極東の日本史」の続きでした。
「J.ミアシャイマー『大国政治の悲劇』を読む」はその名の通りJ.ミアシャイマー著『大国政治の悲劇』の紹介。国家は安全保障を何よりも重視し、各国が安全保障のために地域覇権を求めることから戦争が起こるとのこと。WWIのドイツ、WWIIの日本も地域覇権獲得のために戦争をおこしたのであってその点では間違っていなかったらしい……負けてしまったら安全保障もクソもないのでは。

「欧州の世界史、極東の日本史」は冷戦期。保革対立や学生運動など激しい思想の衝突の時代でしたが結局自由主義陣営の勝利に終わり、近代社会の極みに達した……と思いきや同時多発テロでその楽観が崩れた、という内容でした。『歴史の終わり』なる書籍、恥ずかしながら初めて知りました。暇があったら読んでみたいところ。

以上です。それではー。

 | ホーム | 

FC2Ad

今までの閲覧者数

いつの間にか10000件突破です。今後もよろしくお願いします。

プロフィール

京都大学歴史研究会

Author:京都大学歴史研究会
京都大学の零細歴史サークルですw
ちゃんと公認サークルですよ。
歴史好きな人、ゲーム好きな人、科学好きな人などどんな人でも大歓迎です。
よろしくお願いします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

活動報告 (127)
新歓情報 (11)
11月祭関連 (10)
事務作業関連 (7)
飲食店紹介 (4)
ゲーム by A.I (7)
雑記 by AA (41)
読んだ本 by AA (12)
就活アドバイス_AA (7)
雑記 by NF (5)
雑記 by TY (1)
雑記 by YN (1)
雑記 by take (15)
雑記 by little (4)
雑記 by 川西まどか (1)
活動報告(2017後期) (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


できるだけフワフワして生きていたい。

paperskytreeの本棚