京都大学 歴史研究会 議事録

京都大学歴史研究会のブログです。 毎週の活動報告なんかをしていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロメテウス

最近カンピオーネというラノベを読んでいていろいろ思ったことがあったので書いてみようかと。

カンピオーネはイタリア語でチャンピオンという意味らしいのですが、これがエピメテウスの子どもとして書かれます。
エピメテウスはギリシャ神話の神様なのですが、普通は知らないかと思います。
奥さんは有名人でパンドラの箱のパンドラさんです。
あと、兄弟がいてこれがプロメテウスになります。

エピメテウスとプロメテウスはそれぞれ「あとに考えるもの」「先に考えるもの」の意で、 対と言える神様です。
主神であるゼウスよりも前の世代の神でギリシャ神話において人を作ったのがプロメテウスになります。
またプロメテウスは人に火を与えるために太陽から火を盗み人に与えたとされています。(その結果罰が与えられヘラクレスが開放するまで責め苦を受けることになります。)
その一方でエピメテウスに関するエピソードはほとんど無いように思います。
最大のエピソードがパンドラとの婚姻ではないかと思えるほどです。

昔は先に考えるプロメテウスがより優秀なように思えたのですが、最近は少し考え方が変わりました。
プロメテウスは確かに人を作り、火を与え、肉を与えましたが、一方で盗み騙し罰を与えられるトリックスターです。
役割的には北欧神話のロキや日本神話のスサノオにあたります。
一方でエピメテウスは大きなエピソードはあまりないですが、地上に女性をもたらしました。(神や精霊ではない女性はパンドラが初めてです。)
プロメテウスは人間の発展、つまりは、自分の能力の結果を価値の中心に置いたとみると、エピメテウスは神にも人にも受け入れられ周囲との調和を価値の中心としたとみることもできるのではないかと思います。

あとから物事を考える愚直さは時にとても大事なものらしいです。
余計なことを考えず黙々と何かに打ち込む生き方や、鷹揚に周囲の全てを受け入れる生き方もエピメテウス的と言えるのではないかと思います。
しかし私にはそういった生き方をすることは難しいです。
色々なことを事前に考え準備をして自分を中心とした価値観でしか生きられないでしょう。
だからこそ、プロメテウスに与えられた罰を思って時に周囲に目を配って生きなくてはならないのではと思います。

スポンサーサイト

蹴鞠保存会

蹴鞠保存会で今日も練習してきましたよ。
最初よりはマシになった気はしますが、まだまだダメですね。

今日、個人的に気づいた欠点は腰が逃げていることです。
腰が逃げると体から鞠が遠くなり、蹴り足が高くなります。
高いところでとると安定した鞠を蹴れず足首でつい処理してしまうことに。
だれかにその鞠がわたっても、中ふくらに飛んできたわけではないので処理がしづらくなります。
とにかく鞠から逃げないように頑張ろうと思います。

いい日和で素直に暑くて疲れました。
今日はゆっくり眠れそうです。

8月10日の活動報告

本日の活動報告です。

・過去レジュメの読み直し『Linus Carl Pauling』


次回は8/17、(人が集まったら)『日本二千六百年史』の続きです。

8月3日の活動報告

本日の活動報告です。

・読書会 『日本二千六百年史』 第二十五~二十六章まで


次回は8/10、『日本二千六百年史』の続きです。

 | ホーム | 

FC2Ad

今までの閲覧者数

いつの間にか10000件突破です。今後もよろしくお願いします。

プロフィール

京都大学歴史研究会

Author:京都大学歴史研究会
京都大学の零細歴史サークルですw
ちゃんと公認サークルですよ。
歴史好きな人、ゲーム好きな人、科学好きな人などどんな人でも大歓迎です。
よろしくお願いします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

活動報告 (127)
新歓情報 (11)
11月祭関連 (10)
事務作業関連 (7)
飲食店紹介 (4)
ゲーム by A.I (7)
雑記 by AA (41)
読んだ本 by AA (12)
就活アドバイス_AA (7)
雑記 by NF (5)
雑記 by TY (1)
雑記 by YN (1)
雑記 by take (15)
雑記 by little (4)
雑記 by 川西まどか (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


できるだけフワフワして生きていたい。

paperskytreeの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。