京都大学 歴史研究会 議事録

京都大学歴史研究会のブログです。 毎週の活動報告なんかをしていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶりです。takeです。

寒かったり暖かかったり不安定なお天気が続いていますが、暦はもう3月。
春です。

私はこのところ引越しの準備に追われています。
何を隠そう、この私、3月で卒業します。
この春歴研を去るのはどうやら私だけのようです。
2年間会長をやってきましたが、これで引退です。しかし、不安はありません。
私が入った頃に比べれば会員も多く、歴研には若い息吹が渦巻いています。

先日は京都大学において2015年度入試の合格発表がありました。
合格した皆さんはおめでとうございます。
歴史に興味があるあなた、一度BOXに遊びに来てください。3月中でも誰かしらBOXにいるんじゃないでしょうか。
気軽にメールで問い合わせてください。(kurekikenあっとまーくyahoo.co.jp)

歴研は会員募集中です。
スポンサーサイト

彦根城ツーリング

こんにちは
takeです

先日、歴研バイク部ツーリング第二弾として、メンバーとふたりで彦根城と豊郷小学校旧校舎群を見に行ってきました。


・彦根城
現存天守を有しており、天守が国宝指定された4つの城の一つです。
彦根城は1606年井伊直継のときに完成し、以降井伊家14代の居城でありました。
明治維新と戦争をくぐり抜けて天守が現存しているのはじつにすばらしいことです。

『昭和20年8月15日の夜に連合国軍が彦根市を夜間爆撃する予定であったが、同日正午に終戦の詔勅によって大日本帝国の降伏が発表され、爆撃は行われなかった。』  wikipediaより
空爆が行われていたら天守も焼失していたかもしれません。

hikone1
春の陽気に誘われたのか、人出も多かったです



・豊郷小学校旧校舎群
豊郷小学校旧校舎群はテレビアニメ『けいおん!』などのモデルとなった校舎として有名ですが、実はそれ以前から地域のシンボル的な存在として親しまれており、文化財的な価値もあります。2000年代初頭には旧校舎の改築問題が全国的にも話題になったそうですが、無事に保存されています。
完成は1937年で、20世紀前半に活躍した西洋建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計です。彼は西日本を中心に教会や学校など、数多くの西洋建築を手がけています。京大の近くだと、同志社大学にも彼の設計によるものがいくつか残っているようです。

hikone4
こんなおしゃれな小学校に通いたかったですね

hikone3
内部もとても立派な造りです
校舎内も受付なども無くかなり自由に見学できます
私たちのような見学者に開放しているほか、地域のコミュニティスペースとしても機能しています

hikone2
ウサギとカメ


・琵琶湖東岸
舞鶴行きとは比べ物にならないくらい暖かく、快適なツーリングでした。
ようやくバイクシーズン到来といった感じで、ライダーも多かったです。

hikone5
湖畔にて




ようやく暖かくなってきました
今日は早速新入生が見学に来てくれました
春ですね



以上

舞鶴ツーリング

お久しぶりです。takeです。
先日、歴研メンバーと二人で舞鶴に行ってまいりました。

今回は二人ともバイクです。

・京都⇔舞鶴
行きも帰りもとにかく寒かったです。気温表示は0度とか普通にありました。
京北~高浜の国道162号と府道16号は大体両側に雪が積もっていました。
maiduru10
黒いバイクはなんとまだ納車から数日の新車です。

府道16号の峠区間は路面が凍結してシャーベット状になった部分もあり、足をついて恐る恐る突破しました。写真を撮ってる余裕はなかったです。


・舞鶴引揚記念館
引揚げとシベリア抑留に関する資料館です。舞鶴は戦後、大陸からの引揚げ港として機能したという歴史があります。引揚げ者の中にはシベリア抑留からの引揚げも多数ありました。
シベリア抑留とは、ソ連が、終戦時に投降した関東軍兵士や民間人を奴隷的処遇の下でシベリア開発などの強制労働に従事させた事件です。過酷な環境の下で少なくとも数万人の犠牲者が出ているのですが、現代ではとかく影が薄いような気がします。
引揚げやシベリア抑留の歴史を見つめ直すいい資料館だと思います。

maiduru1


・海軍記念館
舞鶴地方総監部の敷地内にある、海軍時代の資料を集めた小さい資料館です。
初代司令長官に赴任した東郷平八郎の資料が多いです。「軍神・廣瀬武夫中佐」とか書いてあって、戦死を美化するようなフレーズは大丈夫なのか?と思いました。

maiduru2
玄関に軍艦旗と東郷元帥の胸像

maiduru3
総監部前はジャパンマリンユナイテッドのドッグです
この造船所は舞鶴海軍工廠にルーツがあります。そしてこの会社、呉にも造船所を持っていて、そちらも戦後すぐに呉工廠跡地に進出したものです。工廠跡地に縁のある会社ですね。

・北吸岸壁
岸壁から艦艇をすごく間近で見学できます。私は詳しくないのでよくわかりませんでしたが近くで見るとすごく大きかったです。
実は国道からレンガ塀越しに艦艇がずらりと見えるのですが、写真を撮るのを忘れていました・・・


maiduru4
ミサイル艇。簡単に飛び乗れるほど小さいです。


maiduru9
停泊していたうち、大きいのは確かしらね、みょうこう、まつゆきの3隻でした。
個人的にこのまつゆきが一番かっこよかったですね


maiduru6
イージス艦みょうこう。独特の形です。

maiduru7
どの船もすごくピカピカに磨き上げられていました。

maiduru8
自衛艦旗。昔と一緒です。



軍艦はかっこいいけれど異質な感じがしてなんだか怖いです。呉で潜水艦を見たときにも感じました。
次回は艦内を見学できるときに来たいですね。


艦これもいいですが、是非本物の軍艦を見に行ってみてください。




以上

最近の歴研

こんにちは
takeです。

最近は活動がなくて寂しいです。
また、個人的に毎日とても忙しくてBOXに顔を出せてないのが現状です。

最近の歴研

熱心にSFCのボンブリスをしてる人がいます。数年前のプロスピをやってる人もいます。
つい最近スマブラDXが発見され、わりとプレイされています。
ほんの一時期トランプの大富豪が流行ってました。
ウォーゲームが流行っています。歴研にはプレイされていないボードゲームがたくさんあるので、有効活用していきたいです。
テーマに沿った単語を列挙していくゲーム(山手線ゲームのようなもの)はかなり流行していましたが最近やや廃れています。テーマが枯渇したことが原因の一つです。
ある劇場版アニメのネタが流行っています。
漫画『ばくおん!!』がほんの少しだけ流行っていました。
ゲーム・アニメ・漫画・ラノベネタは多くはありませんがたまに話題にあがります。
歴史ネタ・宗教ネタ・革命ネタは常に話題にあがります。
地理ネタは一部で盛り上がっていることが多いです。
新学期に向けて発表原稿を書いてる人もいます。私もいま書いているところです。
一人ドイツに旅立った人がいます。

こんな感じでしょうか。このようにメンバーは日々切磋琢磨しあいながら成長しています。



先日京都大学でも入学試験が実施され、受験生諸君においてはお疲れ様でした。
不安と期待の入り混じる気持ちで日々を送っていると思いますが、諸君のなかにいる(はずの)未来の歴研会員がBOXのドアを叩く日を我々は待っています。


以上

満願寺・多田神社・能勢妙見山

takeです。

11日に川西出身の歴研メンバーと二人で兵庫県川西市あたりに行ってきました。
案内役がいると心強いです。

・満願寺
川西市の飛地、川西市満願寺町にあり、周囲は宝塚市に囲まれています。
清和源氏の祖こと満仲が帰依して、以来源氏の祈願所として栄えたらしいです。
小さな寺ですが、義家とかがここを訪れて戦勝祈願をしたのか(どうかわかりませんが)と考えるとロマンを感じます。

manganji


・多田神社
同じく源氏ゆかりの神社で、満仲、頼光、頼信、頼義、義家が祀られています。満仲が寺院として建立したのが始まりで、清和源氏発祥の地です。目の前を猪名川が流れてていい感じです。
賽銭箱と提灯には笹竜胆と三つ葉葵が合体した紋が描かれていました。初めてみました。
拝殿の向こうに本殿があり、その奥が霊廟です。

tadajinja


・能勢妙見山
日蓮宗の霊場です。満仲の長子頼光の流れをくむのが能勢氏で、江戸時代初期に能勢頼次が日乾上人に妙見菩薩像を彫ってもらい、それを妙見山山頂に建てた仏堂に祀ったのが始まりのようです。(間違っていたらすみません)
現在では関西の重要な日蓮宗寺院の一つとなっています。参詣用のケーブルカーがあるくらいこのへんでは人気があるようです。


いたるところに十字架のような紋章があったり、「星嶺」という妙な会館があったり、すこし変わった雰囲気のお寺です。
しかし、この紋章は江戸期以降の能勢氏の家紋「切竹矢筈十字」と同じで、ちゃんとしたものです。(隠れ)キリシタンが多かったらしく、「キリシタン文化からの影響が推察される」とwikipediaに書かれています。


myoukensan3
この門よりむこうは能勢町、手前は川西市。


myoukensan1
「星嶺」の前でポーズをとる某氏(当人のプライバシーに配慮しました)

この日は中には入れませんでした。中にはガンダーラ調の仏像がぶら下がっていて、寺院としてはかなり変わってます。
詳しくは能勢妙見山HPで。


関西は気軽に行ける歴史スポットがたくさんあっていいですね。





今回は珍しく歴研っぽい記事になりました

以上

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。takeです。

京都大学は明日から授業再開です。心が躍りますね(白目)
久しぶりに更新を。

・このブログについて
個人的に、このブログをもう少し充実させたいと思っています。最近は特に記事にするようなこともなくテンプレな活動報告ばかりですね。しかも本年度は私以外は記事を書いていないんじゃないでしょうか。しかも私の記事のほとんどは歴研とは関係のない記事ばかりです。

こうなってしまった原因は、歴研としては普段の活動&BOXでグダる以外のことをしてないのでなにも書くことがない、からだと思います。個人的にHPを持っているメンバーもいるんですけどね。
このように極めてコンテンツ力の低いこのブログですが、それでも毎日10人程度の方が見てくれているようです。私が昔個人的にやってたブログより多いですね。このなかには歴研関係者も含まれていると思いますが、そうでない人たちもいると思います。そのような人たちはやはり歴史研究会のことを知りたいと思ってきてくれるのではないでしょうか。

ところが今このブログを見ても歴研がどういうサークルなのかぜんぜんわかりませんよね。今後はその辺を充実させていきたいと思っています。


以上

NF

21~24日は京都大学の学園祭NF期間でした。
そのため、22日の活動はお休みでした。

歴研はNFに出展しなかったので個人的にすこし回りました
祭りはいいですね

考古学研で冊子をいただきました。ありがとうございます。

スマイル党総裁マック赤坂氏の講演会もおもしろかったです。

来年は歴研も出展するかもしれません。



以上

世界遺産登録記念富士山ツーリング

こんにちは takeです

およそ半年前、富士山界隈が世界遺産として登録されました
この決定が日本を象徴するこの山にポジティブな影響をもたらすことになればいいですね

一方富士山を一度も見たことがない私は先週富士山ツーリングを敢行しました
登山はしてませんw

結構曇っていたのですこし残念でしたが、丸一日かけて富士山を満喫することができました
紅葉が全盛期を迎えていて、美しかったです
富士山は堂々としていてこれはまちがいなく日本一だなという感じでした
ちなみに今回は山梨県側をめぐりました

今回はあんまりいい写真がなくて残念です
興味のある方はネットで綺麗な画像を探してみてください


・三国峠
山中湖と富士山が望める有名な富士山展望スポットです
山中湖、広い裾野と富士山がセットで見ることができて、今回僕が見た中では一番でした
この日も30台ぐらい車がいました
huji1
夜明け前

huji2
夜明け後
走っても楽しい三国峠


・御坂峠の天下茶屋
屋外の席で富士山を見ながらほうとうを食べましょう
私は1500円もするほうとうをいただきました
huji3

・富士五湖
紅葉の綺麗な時期に富士山を眺めながら湖畔を走りましょう
ずっと走っていたくなります
huji7



・新道峠
登山するひとには少し有名らしいスポットです
御坂みちから過酷な林道を20kmほど走らないとたどり着けません
標高1700mぐらいから河口湖と富士山が一望できます
箱庭のような美しさ(らしい)です
今回は、日暮れ間近だったのと、今にも降りだしそうな天候のおかげでイマイチでした
huji4
晴れた日なら・・・


・富士スバルライン
二輪車でも1600円もする高級スカイラインです。
走ってもおもしろみはないですが五合目までいけます
標高2300mは気温0度でした
五合目はすごい人出です
huji6
五合目より山頂(方向)を望む




紅葉台という展望台もおすすめです
樹海が一望できます

今回は行き帰り含めて3日間で1200km走りました
京都から中山道経由の下道で行くと軽く10時間以上かかるので気をつけてくださいw

新道峠の林道で出逢ったご夫婦に温かいスープをご馳走になりました
本当にありがとうございました
でも富士山は贅沢品なので山梨県民には富士山税を掛けましょう


世界遺産富士山、本格的に寒くなる前に是非行ってみてください


おまけ
・霧ヶ峰高原
帰路の途中で霧ヶ峰高原&ビーナスラインに寄ってみました
午前5時の霧ヶ峰はものすごい霧で、危険を感じたので引き返しました
huji5
ビーナスライン入口で無念の撤退


以上

山陰海岸へ行ってきました。

ご無沙汰しております。takeです。

先日鳥取県へツーリングへ行ってきました

兵庫県道11号線や国道178号線は非常に気持ちよい道です。

特に県道11号の城崎~香住区間は高い断崖の上から海を見下ろす絶景と同時にワインディングも楽しむことができる道が20キロほど続いており、ツーリングやドライブにおすすめです。
しかもほとんど車も走っていなくて快適です。路面状態も良好で、落石等まったくありません。

休憩所も道沿いにたくさん設けられていて、運転に疲れたら絶景を眺めながら休憩することもできます。

正直に言って、ぼくのツーリング経験の中で最高の道でした。


sanin1
ヘアピンカーブ連続

sanin2
日本海沿いにありがちな岩と松の景色。ガードレールの左側は海です。

sanin3
空も海も岩も山も綺麗でした


参考までに、今回走ったルートを載せておきます。
http://goo.gl/maps/MjMOY




また、とても些細なことですが、今回初めてかつての但馬国(兵庫県北部)へ足を踏み入れることになったのでした。


秋は出かけるのにちょうどいい季節ですね。


後期

ご無沙汰しております。takeです。
まもなく京都大学においても夏季休業が終了し、後期が始まります。

みなさんは充実した休みを過ごすことが出来ましたでしょうか?
私はきわめて平穏な日々を送っていました。

さて、後期の歴研は読書会に加えて、発表もやっていきたいと思っています。
個人的にはいろいろと結構忙しいのですが・・・。



昼間は暑いのに朝晩は冷え込んでいますから、みなさまも体調にはお気を付けください。

熊野本宮大社ツーリング

お久しぶりです。takeです。

ものすごく暑いので個人的に紀伊半島の方へ涼みに行ってきました。
ルート的には、京都から国道24号線をひたすら南下して五條へ
そこから国道168号線をひたすら南下して最終目的地の熊野本宮大社へ
帰りは全く同じルートを引き返してきました。
途中で168号線を外れて、大塔・高野辻ヘリポート、玉置神社(玉置山)へも立ち寄りました。

・国道24号線
京都出発は午前4時半ごろで、7時頃に五條に到着しました。
早朝の涼しくて空いてる時間帯に京都~五條間の市街地ゾーンを抜けることができました。

・国道168号線
おととしの台風12号の水害からの復興はまだまだ途中であるように感じました。
大塔~新宮あたりの168号沿いはずっと水害の復旧工事と思しき工事をやっていました。
見通しの悪いカーブが多いです。個人的にはとても楽しい道です。

・大塔・高野辻ヘリポート
五條市役所大塔支所の向かいから東に伸びる舗装された林道を15分ほどのぼっていくとたどり着きます。
かなりマイナースポットだと思いますが、Youtubeで知りました。
ヘリポートからは三方に紀伊山地の山々が見渡せます。かなり絶景です。屋根のある休憩所や眺望案内もあります。
heriport

大峯奥駈道とは、吉野山と熊野本宮を結ぶ山道のことで、『紀伊山地の霊場と参詣道』の『参詣道』の部分で、世界遺産です。
かつての山伏たちはこの山の中で修行したわけですね。(もしかしたら今も?)

・玉置神社
今回の最大の目的地です。
修験道と深いつながりがあり、もちろん世界遺産です。
今回の参拝の動機が、玉置神社が某映像作品の舞台になったからだというのは内緒です(笑)
168号線から案内に沿って山道を12km登ります。このアクセスの悪さがたまりません。
tamakijinja
社殿は小さいですが参道は長いです。
山の上にあって下界とすっかり隔絶された良い神社です。
霧のかかった早朝なんかに来ると雰囲気ありそうですね。


・玉置山
玉置神社の駐車場から道なき道を15分ほど登ると山頂につきます。
tamakisan
眺望はまあまあです。

okugake
この猛暑の中、山登りする人は珍しいらしく、誰ともすれ違いませんでしたが
私が登った道も大峯奥駈道の一部だったようです。


・熊野本宮大社
熊野三山の一角です。
kumanohongu
なんだかメッセージ性の強い神社で、気合が入っていて良いと思います。

明治時代に流されるまで社殿のあった旧社地は大斎原と呼ばれ、巨大な鳥居がたっています。
今も昔も熊野信仰の聖地です。
oyunohara
ものすごい大きさです。
今の熊野本宮大社から歩いて5分ぐらいの距離です。

そのうち熊野三山の残りの2つにもお参りしてみたいものです。



以上が今回のツーリングの成果です。
あまり関心はなかったのですが、熊野信仰とか修験道とかにすこし興味が湧きました。
神社で元プロボクサーの方と話したり、DRZ乗りの方と食事をしたり、旅ならではの楽しみもありました。

当初の予定では龍神のほうに向かって、高野龍神スカイラインを走ろうかと思っていたのですが、
この時点で午後4時、これから走るぞという気分ではなかったのでまっすぐ帰ってきました。
京都についたのは午後9時頃でした。市街地の暑さにはうんざりです。
この日の走行距離は411kmでした。

伊勢神宮奉納全国花火大会&青山高原ツーリング

takeです。
個人的に13日の伊勢神宮奉納全国花火大会に行ってまいりました。
途中、青山高原にも寄りました。

青山高原は関西では屈指のツーリングスポットとして名前だけは聞いたことがあったのですが、今回は寄るつもりはありませんでした。
しかしR163を東進していると、美里町南長野あたりで青山高原10キロという看板があったので、そして山の上に立ち並ぶ風車が見えたので寄り道することにしました。

青山高原道路は二車線で、中低速コーナーがメイン、路面も良好、土曜日だったのですが交通量ほとんどなし、と僕好みの快適な道でした。すれ違ったのはおじさんツーリング集団×1のみでした。
なんといってもこの時期、標高700mを走るコースは涼しくて爽快です。
ただし風はかなり強いので注意。

aoyamakougen1
巨大な風車のあいだを縫うように走る

aoyamakougen2
真下に行くとえも言われぬ恐ろしさがあります


予想外に速く回るローターブレードの発する大きな風切り音とゴトンゴトンというなんかしらの機械の駆動音が恐ろしかったです。
道路脇にはいくつも駐車場があって風車や眺望が見られるようになっています。

そのままR165に抜けて伊勢を目指します。まず伊勢神宮にお参りします。人生2回目です。
セオリー通り外宮→内宮の順にまわりました。内宮は外宮の10倍ぐらいの人出でした。
多くの人は外宮は省略しているのでしょうか。みなさん現金ですね。

そんな信仰心の強い僕も内宮の正宮寸前のこの行列に並ぶ気にはならなかったのでこの場所でお参りしておきました(^_^;)

ise1


遷宮が終わったばかりのきれいな神宮が見られると思って期待していたのですが、5月に遷宮が完了したのは出雲のほうでした。伊勢神宮は10月だそうです。
だいたい古いままでしたが、新しくなってる鳥居などもありました。


そして花火もなかなか結構なものでした。競技花火大会というものを初めて見ましたが、花火師が丹精込めて作ってるんだなと思うと頭が上がりません。
開始直前にぱらぱらと雨が降りましたが、強い信仰心のおかげか、すぐに止んでくれました。
気温的にも涼しくて快適でした。

isehanabi2
音楽とシンクロして打ち上げられるスターマインは見ごたえがありました。

isehanabi1

花火をみていると日本らしさを感じてしまうのはなぜでしょう
なぜだか夏の花火は日本的な感じがします。
たしかに、夏の風物詩として花火がまっさきに挙げられる国は日本ぐらいなものらしいですが
僕は海外で夏を過ごしたことがないのでこの説明もおかしい気がします。
刷り込みというやつでしょうか。
なんにせよ夏の花火は良いものです。夏に花火を見られる日本は良い国です。

花火が終わるとすぐ帰路についたのですが、伊賀市から北上するR422では悪路に加えて道に迷い、心細くて泣きそうになりました。たぬきにも出会いました。
深夜に単独で山道を通るのはやめましょう。転倒してヘッドライトが点かなくなったときのことを考えるだけで恐ろしいです。そして決して後ろを振り返ってはいけません。

結局午前2時過ぎに帰京しました。

なんだかツーリングブログみたいになってきましたね・・・


以上

石川県にいってきました。

先週の週末、個人的に石川県に行ってきました。
目的はこれといってありませんが目的地はのと鉄道の”湯乃鷺駅”と”湯乃鷺温泉”です。
ええ。目的は特にありませんw

土曜日の午前6時すぎに吉田山山麓を出発し、8時頃には敦賀に到着しました。
せっかくなので氣比神宮で休憩。

kihijingu
朝の神社は気持ちいいです。


さらに8号線を北上。東尋坊、丸岡城、金沢界隈といった観光地をすべてスルーして能登半島へ向かいます。
金沢の北方に長い砂浜があるのですが、そのうちの8キロほどの区間が「なぎさドライブウェイ」と名付けられていて、なんと自動車やオートバイでも通行できるようになっていて、実に感動的です。まさに波打ち際を走ることができるわけです。日本で唯一、世界でも3箇所だけらしいです。

nagisadw

夏なんかは海水浴客で混みそうですが、今の時期はわりと空いてました。
ただしカップルが多かったです (#^ω^)ピキピキ


ひとしきり写真を撮るとバイパスを通って3時半頃に目的地の1つめ”湯乃鷺駅”に到着!
DSCN1042.jpg
まあ普通の田舎の駅でした。

写真を撮ったりしながら1時間ほど滞在し、金沢にとんぼ返りします。

nagisadw2
なぎさドライブウェイにて(夕方)


翌日は2つめの目的地、"湯乃鷺温泉”を散策しました。
10軒ほどの温泉旅館が立ち並ぶごく小さな温泉街で、とても雰囲気の良いところです。
竹久夢二もよほど気に入っていたようで、歌も残っています。

湯涌なる 山ふところの小春日に 目閉じて死なむ きみのいうなり  
                                竹久夢二



yuwakku2
小さな温泉街ですが、どこか気品があります


yuwaku1
おや?


散策を終えると食堂『高尾』で昼食をとり、『総湯 白鷺の湯』に浸かって、20時頃の帰京となりました。


”湯乃鷺温泉”こと湯涌温泉、次は是非旅館に泊まってゆっくりしたいと思いました。



以上、長距離ツーリング(往復700km超)の疲れがようやくとれたtakeでした

琵琶湖一周

以前、小ネタでも更新するとか言っときながら活動報告ばっかりになてしまってすみません。
しかも、今回は全く歴史関係ないですが許してください。

昨夜地図を見てたら無性にどこかに行きたくなったので個人的にバイクで琵琶湖一周してきました。
とは言っても昨日も美山に行ってきたところなのですが。
miyama
美山かやぶきの里。こういった場所には必ずある郵便ポスト。


ともかく、バイク歴1ヶ月にして初めての琵琶湖一周です。
琵琶湖はより水際を走るために反時計回りで巡るのがセオリーです。

出発は10時前でした。まず山中越から国道161号線沿いに出て、道なりに南下し、近江大橋をわたります。イオンモールを越えてすぐのところを左折して湖の東岸をなぞるさざなみ街道をひたすら北上します。
ここから、琵琶湖を眺めながらの最高に気持ちいい道が湖北まで延々と続きます。交通量も、土曜なのに少なくてラッキーでした。むしろ平日のほうが多いのかもしれません。道路沿いには駐車場付きの公園が無数にあって休憩に最適です。釣り人がめちゃくちゃいます。
ちなみにこの間は走るのに夢中だったので写真はまったくありません。また、ひこにゃんの彦根城はスルーしました。

県道44号→国道8号→国道303号と走って琵琶湖周遊のクライマックス、奥琵琶湖パークウェイに入ります。
事前情報通りここはさざなみ街道を超えるクオリティでした。琵琶湖を見下ろしながら気持ちのいい尾根伝いのワインディングを駆け抜けます。展望台もあります。
道は少し悪いですが私は全く気になりませんでした。現在一方通行規制が敷かれているので対向車の来る心配がない上、道を広く使えて一層快適です。
この道が無料なんて信じられない!ちなみに一方通行は西→東方向なので、琵琶湖反時計回りだとすこし引き返すことになりますがわざわざ走りに行く価値があります。
tenbodai
展望台より。実際はもっとすばらしい景色です。写真の腕が・・・

ワインディングを楽しんだあとは海津大崎で今度は湖面のすぐそばを走りますがここもかなり雰囲気のいい道でした。湖北おそるべし。

shuuraku
湖岸の小さな集落にて


DSCN0871.jpg
海に見えますが湖です。


琵琶湖一周的観点から見ると行程はまだ1/3ほど残ってますが
琵琶湖はもうお腹いっぱいになったので湖周道路を10キロほど南下した後バイパスを通ってすっと帰りました。それに西側は結構混みますしね。
帰宅したのは午後6時頃でした。走行距離は261kmでした。
今日は25度ぐらいまで上がったそうですが、インナー2枚に防風ジャケットでちょうどでした。
バイクにはこのぐらいの気温がちょうどいいですね。停まると暑いですけど。

以上歴研まったく関係ない記事でしたが、琵琶湖一周はバイク、車、自転車のどれでも楽しめると思います。機会があればぜひ行ってみてください。

近江神宮参詣

初カキコ・・・ども・・・
俺みたいな歴研二回生の野郎、他に、いますかっていねーか、はは


最近更新が滞っているということで、小ネタでも積極的に更新していこうと思います。
というわけではじめまして。歴研の2回生、takeです。ブログに書くのは初めてです。


先日、近江神宮にお参りしてきました。
御影通から山中越を経由して大津市に向かいます。自転車で1時間ほどで着きました。こう書くとお手軽な自転車ツーに聞こえますが、ママチャリだったからか、山道はかなりキツかったです。歩道もないので、自動車にも気を使いました。

さて、近江神宮は意外と最近の皇紀2600年にあたる昭和15年の創祀だそうです。
御祭神は天智天皇。7世紀に近江京を営んだひとです。当時からの天智天皇への崇敬が近江神宮の基盤になっているようです。

近江神宮の詳しい紹介は公式HPに任せるとして、少し写真を紹介します。

oumijingu5
一の鳥居。社号標は近江神宮奉賛会初代会長・近衛文麿の筆だそうです。

oumijingu6
参道より一の鳥居。すぐそこに京阪電車が通っています。漫画『ちはやふる』のラッピング電車。

oumijingu7
朱塗りの楼門がきれいです。

oumijingu3
拝殿より楼門。横に神符授与所や宝物館、時計館がつながっています。

oumijingu2
各所にこんなものが。小倉百人一首の巻頭の歌は天智天皇の詠んだものとされていることから、近江神宮はかるたの聖地でもあり、かるたに関する祭事や種々の大会が催されます。
最近は競技かるたをテーマにした漫画のアニメが放送されたりして、近江神宮も劇中に登場しました。
今回の参詣の真の目的は実はこっちだったりします。


今回は予備知識0でいったので、古代日時計などいろいろと見逃していたものがあったようで残念です。
またリベンジしたいと思っています。



近江神宮から5kmほどの位置にある日吉大社にも参詣しました。境内が広すぎる上に参拝客もほとんどいなかったのでうらぶれた雰囲気でしたが、朝廷から格別の崇敬をうけたとされる二十二社に数えられており、旧官幣大社でもある由緒正しい神社です。入苑料300円が必要です。
後方の山と一体化しそうなほど自然豊かな神社でした。国宝の東本宮本殿が工事中でした。

hietaisha
西本宮楼門




それでは今回はこのあたりで。

 | ホーム | 

FC2Ad

今までの閲覧者数

いつの間にか10000件突破です。今後もよろしくお願いします。

プロフィール

京都大学歴史研究会

Author:京都大学歴史研究会
京都大学の零細歴史サークルですw
ちゃんと公認サークルですよ。
歴史好きな人、ゲーム好きな人、科学好きな人などどんな人でも大歓迎です。
よろしくお願いします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

活動報告 (127)
新歓情報 (11)
11月祭関連 (10)
事務作業関連 (7)
飲食店紹介 (4)
ゲーム by A.I (7)
雑記 by AA (41)
読んだ本 by AA (12)
就活アドバイス_AA (7)
雑記 by NF (5)
雑記 by TY (1)
雑記 by YN (1)
雑記 by take (15)
雑記 by little (4)
雑記 by 川西まどか (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


できるだけフワフワして生きていたい。

paperskytreeの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。