FC2ブログ

京都大学歴史研究会ブログ

京都大学歴史研究会のブログです。主に活動報告を行っていきます。

平成31年4月の活動報告

新年度が始まり、新しい時間割に体を慣らしていくのに難儀する4月ですね。
では、平成31年4月の活動報告です。

4月5日 発表「ヒエログリフと古代エジプト語の読み方」
古代エジプト語で使われた神聖文字ヒエログリフの読み方についての発表です。
似た文字に悩まされ、相次ぐ例外に悩まされながら、ヒエログリフの読み方を見ていきました。覚えられないし読めるようにはなりませんでした。

4月12日 発表「ギリシアにおけるネイションの成立」
近代ギリシアにおけるネイション概念の成立についての発表です。
最初期には古代とのつながりが重視されて中世のビザンツ帝国は軽視(というより蔑視?)されていたにもかかわらず、やがて古代、中世、近代までの絶え間ない連続性が強調されるようになるとビザンツ帝国が再評価されていったのが印象的でした。

4月19日 発表「源頼朝」
鎌倉政権の礎を築いた源頼朝の、後白河院崩御後の事績についての発表です。
鎌倉にいる頼朝が京都の朝廷との関係を構築するために試行錯誤していた様子がわかりました。

4月26日 発表「劉邦」第1回
漢王朝を建てた劉邦の事績についての発表の第1回です。
庶民の出の劉邦でしたが、地方の役人になり、秦末の混乱に乗じて挙兵し、各地を転戦する様子を見ていきました。

新歓期ということで、各日とも多くの新入生にお越しいただきました。ありがとうございました。

文:希
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

平成31年度新歓のお知らせ

京都大学に合格された皆さん、合格おめでとうございます!
春から始まる新生活に胸を躍らせていることでしょう。

大学生活の核になるのは当然勉学です(ですよね?)が、多くの人にとって勉学に並ぶほどの(あるいはそれ以上の?)生活の軸になるのはサークル活動でしょう。
大学には中学校や高等学校の部活動とは比べ物にならないほどの多くのサークルがあり、様々な活動をしています。
サークルに入ることで多くの同好の士に出会うことができ、大学生活はより実りあるものになることでしょう。

(ここまで前置き、ここから本題。)

さて、そんなサークルの一つである京都大学歴史研究会は新入会員を募集しています。
そこで、新歓活動を下記の日程で実施します。
各日とも、18時30分から歴史研究会のボックス(西部課外活動棟D204号室)で行います。
18時30分までにボックスに直接お越しください。
事前知識は不要ですし、大学、学部、回生なども一切不問ですから、ぜひお気軽にお越しくだされば幸いです。

4月5日(金) 発表「ヒエログリフ入門(仮)」
4月12日(金) 発表「ギリシア・ナショナリズムの成立と展開(仮)」
4月19日(金) 発表「源頼朝」
4月26日(金) 未定(中国史の何か)
5月10日(金) 未定
5月17日(金) 未定
5月24日(金) 未定
5月31日(金) 未定

過去の活動内容はウェブサイトをご覧ください。
Twitter(@kurekiken)もフォローいただけると嬉しいです。

文:希

平成31年2月の活動報告

1回しか活動がないなら1月の活動報告とまとめればよかったのではないかと思わないでもないですが、
平成31年2月の活動報告です。

2月1日 発表「伍子胥」
春秋時代の呉で活躍した伍子胥の活躍を『史記』の記述に沿ってみていく発表です。
伍子胥は楚に生まれましたが、讒言によって楚を追われ、呉に仕えることになりました。伍子胥は呉王の闔閭のもとで重臣となって活躍し、楚の都の郢を陥落させるに至りましたが、やがて闔閭の跡を継いで呉王になった夫差に疎まれ、讒言によって自害に追い込まれることになりました。伍子胥の死後、呉は宿敵の越によって滅ぼされることになりました。
今期の活動はこれにて終了いたしました。次回の例会は4月5日金曜日です。

文:希

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

平成31年1月の活動報告

期末試験が目前に迫ってまいりましたが、
平成31年1月の活動報告です。

1月4日 休会
年始なので休会です。そりゃそうです。

1月11日 発表「ムガル皇帝とラージプート」第1回
ムガル帝国は最盛期にはインドのほぼ全域を支配したイスラーム王朝ですが、インド中西部を支配したヒンドゥー勢力のラージプートもムガル帝国において重要な役割を果たしました。ラージプートたちはアクバル帝の時代には軍事的に帝国を支えていましたが、アウラングゼーブ帝以降は離反していき帝国弱体化の一因になりました。この発表はムガル朝の君主たちの歴史を特にラージプートとの関係に焦点を当てて見ていくものです。
フマーユーン帝が階段から転落して事故死したことで即位したアクバル帝はラージプートとの融和政策を進めてムガル朝を帝国化しましたが、次代のシャー・ジャハーン帝の頃には、イスラーム教の宗教復興運動の高まりを受けて宗教寛容政策は破綻していき、その次代のアウラングゼーブ帝は自身がイスラーム教スンナ派の熱心な支持者であったこともあり、宗教寛容政策を改めましたが、この政策転換はラージプートの反乱を招くことになりました。

1月18日 発表「ムガル皇帝とラージプート」第2回
ムガル朝の君主たちの歴史を特にラージプートとの関係に焦点を当てて見ていく発表の2回目です。
アウラングゼーブ帝の死後、後継者争いに次ぐ後継者争い、ラージプートの自立化によってムガル帝国は崩壊に向かっていきました。イギリスのインド進出も本格化し、シャー・アーラム帝以降、ムガル皇帝はイギリスからの年金受給者と化しました。その後もイギリスは支配を強めていき、インド大反乱を機にムガル皇帝は追放され、ムガル帝国は滅亡しました。一方でイギリス支配下で藩王国となったラージプートたちはインド・パキスタン分離独立まで存続することになりました。

1月25日 雑談とか
古代エジプト三択クイズと肥前三択クイズを作ってきた人がいたので、それを解いてそれについて雑談をしました。
あと、過去発表の「古代エジプト王朝史」(リンク先pdf注意)を読んだりもしました。

文:希

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

平成30年12月の活動報告

京都盆地の寒さに震える季節になりましたが、皆様元気にお過ごしでしょうか。
平成30年12月の活動報告です。

12月7日 OB襲来
OBの方がいらっしゃってて、昔の歴研やらなんやかんやについてお話を聞かせていただきました。
歴研は昔から歴研だったんだと思いました。

12月14日 発表「分かたれし島、キプロス」
全土がキプロス共和国の領土とされながらも北部は北キプロス・トルコ共和国が実効支配しているキプロス島が、どのようにしてそのような状況に陥っていったのかを見ていく発表です。
キプロス島では元々は正教徒とイスラーム教徒が平和的に共存していたのですが、やがて正教徒は「ギリシア人」、イスラーム教徒は「トルコ人」と規定されて次第に対立していくようになり、ギリシア、トルコのほか、イギリスやアメリカの思惑も錯綜した結果、現状の二国家併存状態になってしまいました。その過程を扱いました。

12月21日 発表「昭和天皇から今上天皇への皇位継承に伴う法律の制定について」
昭和64年(1989年)1月7日に当時の天皇であった昭和天皇が崩御すると、皇室典範の規定に基づいて皇太子明仁親王が天皇に即位しました(今上天皇)。また、元号法の規定に基づいて「元号を改める政令」が制定され、翌日の1月8日から元号が平成に改められました。さらに、皇位継承に付随していくつかの法律の制定や改正が必要になりました。例えば、「国民の祝日に関する法律」の天皇誕生日に関する規定など。そのような法律の制定や改正についての発表です。
来年平成31年(2019年)にも皇位継承が予定されているので、法律の動きにも注目したいですね。

12月28日 休会
年末なので休会です。そりゃそうです。

文:希

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

平成30年11月の活動報告

筆者は自転車で転倒して幾年かぶりの擦り傷を作ったり39度の高熱を出して寝込んだりしていましたが、皆さんは元気にお過ごしでしたでしょうか。
平成30年11月の活動報告です。

11月2日 11月祭冊子掲載原稿読み合わせ「ギリシア王国におけるクーデター」第1回
オスマン帝国から独立するところまでは高校世界史で習うギリシア王国ですが、独立後も政治は安定せず、政権交代はしばしばクーデターの形をとりました。バルカン半島ではよくあることです。
この原稿はクーデターを中心にギリシア王国の歴史を見ていくものです。
今日は「1843年:オソン1世に対する憲法制定要求」、「1862年:オソン1世の追放」、「1909年:ヴェニゼロスの登場」、「1922年:ギリシア第二共和政の成立」、「1925年:パンガロス政権の成立」、「1926年:パンガロス政権の打倒」、「1933年、1935年:二度のクーデター未遂と王政復古」、「1936年:八月四日体制の成立」を読み合せました。
11月祭クイズ作成
11月祭で行うクイズを作成しました。
今年もレベル1、レベル2、レベル3の3段階の難度になるのですが、例年通りレベル1の作問に難儀しました。
難度の低い問題を作るのは案外難しいものです。

11月9日 11月祭冊子掲載原稿読み合わせ「蒙古襲来と九州」
「元寇」こと蒙古襲来は小学校の社会科でも出てくる有名な事件ですが、主な舞台となった九州にどのようなインパクトを与えたのかについて語られることはあまり多くありません。
この原稿は蒙古襲来とその影響について、九州とそこで活動した人々を中心に見ていくものです。
今日は「蒙古襲来への序章」、「文永の役」、「異国警固と高麗出兵計画」、「弘安の役」、「蒙古襲来の余波」、「その後の影響」を読み合せました。
11月祭クイズ作成
先週(11月2日)に引き続き、11月祭で行うクイズを作成しました。
喧々諤々の議論の末、無事に完成しました。

11月16日 11月祭冊子掲載原稿読み合わせ「ギリシア王国におけるクーデター」第2回
11月2日の続きです。
今日は「1916年:大戦への参戦を巡る対立による国家分裂」、「1967年:軍事政権の成立」、「1973年:軍事政権の内紛」、「その後:民政移管と第三共和政の成立」を読み合せました。
11月祭冊子掲載原稿読み合わせ「晋」
中国の三国時代は三国志で知られていますが、それに続く西晋の時代の歴史は広く知れ渡ってるとは言い難いです。
この原稿はそんな西晋の歴史について、魏における司馬氏の台頭から西晋の建国、そしてその滅亡までを描くものです。
今日は「西晋建国前夜」、「建国と統一」、「八王の乱」、「異民族の動向」、「西晋の滅亡」、「其の後」を読み合せました。

11月22日から11月25日 11月祭屋内企画「歴史研究会研究発表」
11月祭に出展しました。平成26年に復活してから5回目になります。
今回も例年同様、冊子「Ludamus Historia」の配布、歴史クイズの実施、過去例会の展示の3本立てでお送りしました。
お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。来年以降も出展できるかはわかりませんが、出展できれば足をお運びいただけましたら幸いです。
冊子の内容、クイズの結果、解答、解説などはウェブサイトに上がっておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです。

11月30日 11月祭事後処理
11月祭のクイズの結果集計や解答、解説を作成し、ウェブサイトを更新しました。
この作業は結構大変だったので、ご覧いただければ幸いです。

文:希

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

第60回11月祭への企画出展について(続報)

今年も歴研こと歴史研究会は11月祭に企画を出展します。(前の記事の使いまわしの文)
今年の歴研展示は去年までは一味違う!ということもなく、例年通り、会員の研究発表をまとめた冊子「Ludamus Historia」の配布(無料)歴史クイズ過去の例会発表の展示の豪華3点セットでお送りします。
以下に各企画の概要をまとめます。


冊子「Ludamus Historia」の配布
会員が各々自分の興味の赴くままに書いた作品集を無料配布します。今年は特に統一テーマはなく、内容は以下の通りです。どれも会員入魂の作品となっていますから、楽しんでいただらけたら幸いです。
「ヘロドトスとエジプト・5つの謎」 ヘロドトス『歴史』に書かれたエジプト史の謎を5つ見ていきます。
「晋」 魏における司馬氏の権力掌握から西晋の建国、西晋の滅亡までを見ていきます。
「蒙古襲来と九州」 蒙古襲来とその影響について、九州を中心に見ていきます。
「興亡の室町大名」 室町大名たちがどのように生き残りを図り、そして滅んでいったかを見ていきます。
「ギリシア王国におけるクーデター」 近代ギリシア史を彩る数々のクーデターを見ていきます。
「川越合併史」 現在の川越市にあたる地域の市町村合併を見ていきます。

歴史クイズ
一部で心待ちにされている歴史クイズが今年も実施されます。
難度は以下の三段階に分かれてますから、普段は歴史に縁がない人から重度の歴史オタクまで、お気軽に解いてみてください。
レベル1:一般常識、義務教育の社会科程度。実は全問正解は結構難しい。
レベル2:高校の日本史、世界史程度。受験勉強に使って生じた損害には責任を負いません。
レベル3:歴史ならなんでも。会員でも作題者以外は正答できないものの多い難問奇問揃い。

過去の例会発表の展示
そのまんまです。活動報告を見ていて気になった発表があれば、ぜひチェックしてみてください。


11月22日木曜日から11月25日月曜日までの4日間、10時から18時まで(25日は17時まで)、吉田キャンパス吉田南構内の4共33教室で出展しますので、ぜひお越しください。

京都大学吉田キャンパスへのアクセスはこちら(11月祭ウェブサイト)。
4共33教室の場所はこちら(11月祭ウェブサイト)。

文:希

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

平成30年10月の活動報告

日没が早くなり、5限が終わるともう暗くなっていて感傷的な気分になってしまう昨今ですが、
平成30年10月の活動報告です。
今月は11月祭冊子に掲載する原稿の読み合わせを行いました。
興味のある原稿のある方もない方もぜひ歴研の11月祭企画にお越しください。

10月5日 11月祭冊子掲載原稿読み合わせ「ヘロドトスとエジプト・5つの謎」第1回
高校世界史でも出てくるヘロドトス『歴史』はペルシア戦争についての記述ですが、その第2巻はほぼエジプトの記述に費やされています。しかし、ヘロドトスの記述は伝聞に基づくものが多く、事実に反する記述や奇妙な記述も存在しています。
この原稿は『歴史』におけるエジプト王たちにかかわる奇妙な記述や謎の中から5つを、ヘロドトスが記した内容と実際の歴史を比較しながら紹介するものです。
今日は「対応不明の王たち」、「2人のニトクリス」、「セソストリスの大遠征」を読み合わせました。

10月12日 11月祭冊子掲載原稿読み合わせ「ヘロドトスとエジプト・5つの謎」第2回
前回(10月5日)の続きです。
今日は「ピラミッドの王たち」、「プサンメティコスの統一事業」を読み合せました。

10月19日 11月祭冊子掲載原稿読み合わせ「日本史とは何ぞや」
歴史を見ていくと、ある地域で起こったことと似たようなことが他の地域でも起こらなかったり、起こったり、起こっても細部が異なっていたりします。
この原稿は日本が置かれている状況の他国との類似性と相違性が歴史にどのような影響を与えているかを考えるものです。
11月祭冊子掲載原稿読み合わせ「川越合併史」第1回
合併というと10年ほど前まで行われていた平成の大合併が著名ですが、明治時代に市制町村制が施行されて市町村が誕生して以来、今日に至るまで社会情勢の変化に合わせて市町村合併が行われてきました。
この原稿は現在の川越市にあたる地域の合併について、地方行政制度の変遷や社会情勢の変化なども交えつつ紹介するものです。
今日は「廃藩置県」、「大区小区制」、「郡区町村編制法」を読み合せました。

10月26日 11月祭冊子掲載原稿読み合わせ「川越合併史」第2回
前回(10月19日)の続きです。
今日は「市制及町村制」、「川越地域における町村制」、「市制施行」、「戦時体制下における合併」、「昭和の大合併」、「大川越市の成立」を読み合せました。

文:希

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

第60回11月祭への企画出展について

今年も歴研こと歴史研究会は11月祭に企画を出展します。

昨年までと同様、会員の研究発表をまとめた冊子「Ludamus Historia」(無料!大赤字!)の配布、過去の例会発表の展示、歴史クイズの豪華3点セットでお送りします。
冊子の内容については追って告知します。(会員が進捗だめンバーズでまともに書けてる人が全然いないわけではない。本当に違う。断じて違う。そんなはずはない。)

11月22日木曜日から11月25日月曜日までの4日間、10時から18時まで(25日は17時まで)、吉田キャンパス吉田南構内の4共33教室で出展しますので、ぜひお越しください。

京都大学吉田キャンパスへのアクセスはこちら(11月祭ウェブサイト)。
4共(吉田南4号館)の場所はこちら(京都大学ウェブサイト)。
4共33教室は4共の3階にあります。

文:希

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

平成30年度後期新歓のお知らせ

常軌を逸する暑さも落ち着きを見せて唐突に寒くなりはじめ、夏期休業も終わりを迎えようとしております。

歴研では長きにわたって前期の4月及び5月にのみ新歓活動を行ってきました。(新入会員は年がら年中募集しているのですが。)
しかし、他団体の動向なども見ていると、後期のはじめにも新歓の需要があるようなので、歴研も後期新歓を実施します!

通常の例会と同じく毎週金曜日(10月5日、12日、19日、26日)の18時30分から西部課外活動棟D204号室のボックスで行います。
内容としては11月祭で配布する冊子に掲載する原稿の読み合わせ(と言いつつ普段の例会の研究発表と同じようなもんです。)を行う予定です。

入会希望者、見学希望者、冷やかし、野次馬のみなさん、ぜひお気軽にお越しください。お待ちしています。

map
↑ボックスの大まかな位置(わからなければ案内しますので、メールなりツイッターなりでお問い合わせください。)

文:希

 | ホーム |  »

FC2Ad

今までの閲覧者数

いつの間にか10000件突破です。今後もよろしくお願いします。

プロフィール

京都大学歴史研究会

京都大学歴史研究会

京都大学の歴史サークルです。毎週金曜18時30分から課外活動棟D204の部室で例会を行っています。例会では各会員の研究発表や本の輪読を行い、例会後には食事やゲームなどをして自由に過ごしています。たまに史跡や博物館にも行きます。日本史、世界史を問わず歴史が好きな人はもちろん、ゲームが好きな人、部室でダラダラしたい人など、どんな人でも大歓迎です。歴研の活動に興味のある方、参加したい方は、ぜひ一度課外活動棟D204の部室までお越しください。

最新記事

カテゴリ

活動報告(例会) (131)
活動報告(その他) (12)
新歓情報 (12)
11月祭関連 (12)
飲食店紹介 (4)
雑記 by AA (41)
読んだ本 by AA (12)
ゲーム by A.I (7)
就活アドバイス by AA (7)
雑記 by NF (5)
雑記 by TY (1)
雑記 by YN (1)
雑記 by take (15)
雑記 by little (4)
雑記 by 川西まどか (1)
雑記 by 希 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


できるだけフワフワして生きていたい。

paperskytreeの本棚